【徹底レビュー】ACTUSスーツケース!ヘビーユーザーの感想

ライフスタイル
記事内に広告が含まれています。

ハンズ×ACTUSのスーツケースを10年以上愛用しています。

ACTUSスーツケースのサイズ感や使用感など気になる情報や、10年以上使用したからこそわかるメリット、デメリットについてご紹介していきます。

 

コスパのいいスーツケースを探している方、ACTUSのスーツケースが気になっている方はぜひ、参考にしてください^^

 

 

ACTUSスーツケースの特徴

 

私が購入したのは東急ハンズとACTUSのコラボモデルです。現在は販売されていませんが、一番近いモデルは【アクタス】スーツケーストップス33Lだと思います。

 

 

トップオープン型で出し入れが非常に便利です。

本体サイズ(約):幅37×奥25×高52cm~113cm 機内持ち込みが可能

スーツケースの種類:ハードケース(ファスナー)

TSAロック機能あり

容量(約):34L

両側に荷物を固定するバンド、ネットがついており、整理整頓がしやすいです。

 

ソフトケースもついていて、中にあまり衝撃を与えたくない物を収納できます。

 

ACTUSスーツケースのメリットとデメリット

 

これまで1〜4泊程度の国内旅行や海外旅行、出張で使用してきて感じたメリットは以下の5点です。

 

・トップオープンなので手軽に荷物が取り出せる
機内持ち込み可能なので、飛行機を降りてから時間短縮できる。
・4輪キャスターで動きがスムーズ
・付属するバンドやケースで整理整頓しやすく、荷物の重心が安定する。
耐久性がとても良い!10年以上使える(使用頻度にもよりますが)

 

 

圧倒的にメリットの方が大きいですが、デメリットを挙げるとするなら1点だけ。

持ち手(キャリーバー)が戻らない時があることです。

 

こうなった原因は、持ち手を出して移動している際に強い衝撃を与えていまい、バーが変形してしまったせいです。

しかし治し方のコツを覚えたので、特に問題はありません^^

 

ボディ、キャスターともに小さな傷はありますが、大きな凹みなどはなく今後も愛用していく予定です。

 

 

ACTUSのスーツケースはデザイン、機能性に優れているのでとてもおすすめです。また、耐久性も抜群です。

ACTUSスーツケース一覧はこちら

 

コメント

PAGE TOP