仕事を辞めたい看護師さん必見!解決策とベテランナースの体験談

ライフスタイル
記事内に広告が含まれています。

こんにちは、marimaruです。

 

私は看護師歴20年以上の現役看護師です。

今まで看護師を経験してきて、仕事を辞めたい、他の職種についてみたい、という看護師さんをたくさんみてきました。

 

私自身もこれまでいくつか転職(他職種も含む)を経験しているので、仕事を辞めたい看護師さんの参考になるような、問題の解決策をご紹介していきます。

看護師求人はこちら

 

 

仕事を辞めたい理由ランキング

第1位 人間関係

昔に比べて男性看護師が増えているとは言え、女性が圧倒的に多いのが看護師の職場です。ひどいところでは未だにいじめのようなことがあったり、上下関係が厳しかったりするところもあります。

私の経験上、急性期の病棟やICUなど緊迫感が強いところでは自分にも他人にも厳しいタイプの人が多く、人間関係が良いとは言えない印象があります。

 

 

第2位 休みが少ない、自分の時間が持てない

規模が大きい病院では、勤務時間外に委員会や勉強会、研修があったりして自分の時間を削らなければいけないことが多々あります。

また、人員不足の病院では有給が取れなかったり、サービス残業をすることが当たり前になるなど自分の時間が持てないことがストレスになってしまう人が多いです。

 

 

第3位 メンタルがやられる

人の命に関わる責任のある仕事のため、常に緊張感を持っていなければいけません。人によってはその重圧に耐えられなくなって、自分自身の精神の健康を保つことができなくなってしまいます。

 

第4位 勤務が不規則で体調を崩してしまう

看護師はそんなに待遇が言い訳ではなく、夜勤をしなかったら一般事務職の方と収入はそう変わりません。

夜勤だけでなく、早出や遅出があったりと勤務時間も不規則になるため、健康的といえる生活を送ることができません。

 

 

第5位 スキルアップのため

看護師は需要が多いので、スキルアップのための転職はしやすいです。

 

 

仕事が嫌いになる前に!後悔しないための解決策

 

せっかく看護師になったのに、仕事が嫌いになってしまってはもったいないです。
そうなってしまう前に、

  • 仕事のどんなところが嫌なのか?
  • 優先順位は何か? ⇨ 自分がなりたい看護師像は?生活スタイルを優先したいのか?など

この2つについて考えてみましょう^^

 

解決策① 看護師として転職

人間関係が理由の場合

その職場を離れれば、問題を解決できます。人間関係が良い職場はたくさんあるので、我慢し続けていく必要はありません。

しかし、次の職場でも同じような状況になってしまうことが、一番怖いですよね。

そのため、次の職場選びが大変重要になります。

 

 

自分の時間が持てない、サービス残業が多いなど待遇の悪さが理由の場合

 

今の職場で看護師としてのスキルアップを優先させたいのであれば、ゴールを決めて我慢するのも一つの方法です。

 

しかし、目標もはっきりしないまま我慢をし続ける必要はありません。

 

看護師の職場は、病院だけでなくクリニックや在宅看護、美容クリニックや保育園、企業看護師など様々です。

 

自分の望むライフスタイルに合った職場を選び、プライベートを充実させたり、自分を大切にした生活を送ることで、仕事に対する考え方は変わっていきます。

 

 

そこでおすすめなのがフリーランスという働き方。

 

フリーランスなら働く日時を自分で決めることができますし、人間関係もその場だけなので万が一嫌な人がいたとしても、割り切って働くことができます。

 

収入面で不安がある人もいると思いますが、今は単発の求人が豊富にあるので大丈夫です^^

とりあえずいい求人が出るまでのつなぎとして単発で働くこともできますね。

 

一番避けた方がいいのは、焦って妥協して職場を決めてしまうことです!

 

こちらのサイトに登録だけしておけば、単発の求人をお知らせしてくれます。

単発の求人が気になる方はこちら ⇨ MCナースネット

 

 

こちらにも魅力的な求人がたくさんあります♪

あなたの"理想の職場"が見つかる!【ジョブデポ看護師】

 

 

解決策② 別の業界へ転職する

 

看護以外に他にやりたい職種がある場合、まずはアルバイトなどから転職してみましょう。収入に不安がある時は、看護師の単発バイトなどを活用すれば大丈夫です。

やってみて違うな、と感じたらまた看護師に戻れば良いだけです。せっかくやってみたいことがあるのに、やらないのはもったいないです。

 

 

解決策③ 部署移動する、休職する、退職して休養する

 

体調を崩してしまったり、メンタルがやられて普通の生活を送れなくなってしまった場合は迷わず休職しましょう。まずは体調を整えて、心身健康な状態に戻ることが先決です。

 

心療内科を受診してみることもおすすめします。

 

その上で、ストレスを感じにくいような部署に移動をしたり、一旦退職して失業手当をもらいながら、ゆっくり転職活動をしてもいいと思います。

 

もうすでに看護師の仕事が嫌いになってしまった場合も、一旦看護から離れてみると
別の景色が見えてきます。

 

 

看護師歴20年以上の私の体験談

 

応援ナース

急性期〜慢性期、訪問看護まで10年間の経験ののち応援ナースを経験しました。

 

応援ナースのメリットは

  • 人間関係は期間限定なので割り切って働くことができる。
  • 休日は応援先の地域で手軽にプチ旅行することができる。
  • 地方在住ナースにとっては高給与なので、収入が増える。
  • 応援期間は仕事、応援が終了すれば数ヶ月やりたいことに集中できる

 

応援先では即戦力とならなければいけないので、丁寧に時間をかけて仕事を教えてもらえるわけではありません。

 

毎回、仕事内容を覚えるのが大変というデメリットはありますが、それでもそこの地域に行かないとできない経験(プライベート)がたくさんできたので、経験して良かったと思っています。

 

 

応援ナース求人はこちらから

 

 

他職種への転職

応援ナース終了後、大好きだったパン屋さんで数ヶ月アルバイトをしてみました。楽しければ長期で働いてみることも考えていましたが、想像以上に体力仕事で大変でした。

 

収入も激減し、やはりパンは食べる側が一番だと(◞‸◟)

 

ですが、一度でもみてみたかった世界を垣間見れたことで、楽しかったし良い経験になりました。

 

 

ハローワークを使った転職(看護師として)

私の印象ですが、ハローワークに出されている求人は、常に人員不足で求人を出している病院や施設が多く、求人先の情報(離職率が高いかなど)を職員さんに聞いても、詳細はわからないことが多いです。

 

実際、ハローワークで離職率は高くないと聞いて就職した施設はすごく離職率の高い施設だった経験があります。

 

運が良ければ、条件のいい求人が出ているかも知れません。

 

 

 

大手看護師転職サイトを使った転職

大手看護師転職サイトはハローワークには出ていないような求人も多くあります。

 

希望条件を提示するとその条件に見合った求人を紹介してくれるのはもちろんですが、履歴書の添削や面接時のアドバイスなど具体的にしてもらえるので、とてもありがたいです。

 

特に自分が経験したことのない分野に応募する場合、応募の動機など面接時の対策が重要なので、具体的にアドバイスがもらえるというのは大きなメリットです。

 

こちらは日本最大級の看護師転職サイトで大変おすすめです^^
相談はこちら ⇨

【ジョブデポ看護師】看護師の会員登録プログラム

 

 

 

どうしても仕事をやめようか迷ったら・・・

 

友人、家族、職場の同僚などに相談しても、悩みが解決しない場合もあります。また、誰にも相談できないという人もいるかも知れません。

 

そんな時は、自分とは全く関係のない第3者に話を聞いてもらうこともおすすめです。

 

違った角度から客観的にみてもらえるので、自分では考えもつかなかったアイデアをもらえるかも。

 

こちらの電話占いは、鑑定歴豊富でよく当たると評判の占い師さんが多数在籍されています。

 

今なら初回3000円分が無料なので、ぜひ利用してみてください。きっと悩みを解決する糸口が見つかります!

 

コメント

PAGE TOP