ORCIVALオーシバル/バスクシャツの口コミ【サイズ感は?どのくらい縮む?】

トップス
記事内に広告が含まれています。

オーシバル/バスクシャツはこんな人におすすめです

marimaru
marimaru
  • 着回しのきくコスパの良いトップスがほしい
  • シンプルでオシャレなものが好き
  • 質の良いものを長く愛用したい
  • フレンチカジュアルが好き

 

この記事では、オーシバル/バスクシャツについて

おすすめポイントや特徴、選択でどれくらい縮むのか?、サイズ感などの口コミ、メリットとデメリット、安く購入する方法についてご紹介します

 

オーシバル/バスクシャツが気になっている人、購入を迷っている人はぜひ参考にしてくださいね^^

 

 

ORCIVALオーシバル/バスクシャツのおすすめポイントと特徴

長く愛用できる

出典:bshop-inc.com

長く使える理由① 軽くて丈夫な生地感

オーシバルを代表する人気アイテム、コットンロードシリーズ

太番手のオープンエンド(空紡糸)という糸で編まれた生地を使用

オープンエンドは外側がしっかり、内側はふんわりと空気を含んだ状態で糸がよられているため、1本1本が太くなっています

そのため、厚手なのに軽くて丈夫であるという特徴があります

 

出典:crouka.store

程よい厚みのあるコットンロード生地は、一般的なカットソー生地に比べてしっかりと目が詰まっているので

使い込んで洗濯するたびに丈夫になり、肌に気持ちよく馴染んで味わい深くなっていきます

 

長く使える理由② トレンドに左右されないシンプルなデザイン

by WEAR

オーシバル/バスクシャツはシンプルで飽きのこないデザインなので、トレンドに左右されず長く愛用することが可能

経年変化でオリジナルの風合いになっていくのを楽しめる点も魅力です

 

ORCIVALってどんなブランド?

  • 1939年創業の老舗マリンウェアブランド
  • 厳選した素材を使い、生地から作成。ブランドの品質と信頼を守るためフランスで製造している、信頼のメイドインフランス
  • 大手セレクトショップなど幅広く取り扱われている人気ブランド

 

スッキリとしたシルエットで、抜群の着回し力

出典:bshop-inc.com

しっかりとした厚手のコットンロード生地は身体のラインを拾いにくく、

スッキリしたシルエットが、カジュアルなスタイルでも大人の上品さを演出してくれます

さらにボートネックで広めの首まわりが、女性らしい華奢な雰囲気

9部丈の袖丈もスッキリとこなれた印象にみせてくれます

 

marimaru
marimaru

オーシバルのロゴとミツバチマークのさりげないワッペンがかわいい!

 

また、シンプルなデザインのバスクシャツはどんなアイテムとも合わせやすく

カジュアルなスタイルに合うのはもちろんですが、キレイ目なジャケットのインナーにもマッチします

1枚あればシーズン問わず活躍してくれる優秀なアイテムです

 

marimaru
marimaru

カラーバリエーションも豊富なので、人とかぶりにくいのも良いですね!

 

 

 

オーシバル/バスクシャツの口コミ

洗濯でどのくらい縮む?

オーシバルのバスクシャツは、コットン100%なので洗濯で縮んでしまうことは避けられません

洗濯の仕方や頻度によって違いはありますが、どのくらい縮むのかについての口コミをご紹介します

 

「4年前に買ったものと比べてみると1cmくらい袖、着丈が縮んでいました」

「10年使用したものと新品を比べると身幅は6cm縮み、袖もひと回り細くなっていました」

「5年前に購入した同じサイズと比べて袖が1.5cm差がありました」

「丈が4cm、袖も3cm縮みました」

「ネットに入れて2回洗濯後、身幅3cm、着丈1cm、袖丈1cm縮みました」

「洗濯後、身幅が2.5cm縮みましたがワンサイズ大きめにしたので、問題なくきれています」

 

marimaru
marimaru

たくさんの人の口コミによると、洗濯を繰り返すうちに約2〜3cmは全体的に縮むようです
特に着丈よりも身幅の縮みが大きい印象です

 

サイズ感に関する口コミ

オーシバル/バスクシャツのサイズ展開は以下のとおりです

サイズ 身幅 肩幅 着丈 袖丈
1(レディースM) 46 38 62 53
2(レディースL) 48 40 63 55
3(メンズS) 51 45 66 58
4(メンズM) 52 46 68 58
5(メンズL) 56 49 70 60
6(メンズXL) 57 50 72 61

 

洗濯後に縮んだ後のサイズ感に関する口コミをご紹介します(身長順に記載しています)

 

150cm48kg サイズ1で洗濯後ジャストサイズ

「洗濯前はかなりゆとりがあり大きめに感じましたが、洗濯するとあっという間にほぼジャストサイズに。下にデニムワンピを着ましたがピッタリで着ることができます」

 

153cm53kg サイズ1で洗濯後ジャストサイズ

「洗濯後は2cmほど全体が小さくなり、ピチッとジャストサイズに。インナーにシャツなど着れるようにサイズ2でもよかったかも」

 

155cm55kg サイズ2で洗濯後ちょうどいい

「袖丈も最初は少し長いですが、縮むので腕の短い私でもちょうど手首くらいの長さになります」

 

156cm51kg サイズ2で洗濯後もちょうどいい

「普段はMサイズで肩まわりががっしりしています。2度洗濯したところ袖丈、着丈、身幅、腕まわりも縮みましたが気にならない程度です」

 

158cm48kg サイズ2で洗濯後ちょうどいい

「洗濯後、縮んでLサイズといってもほぼジャストフィットです。袖丈は手首がスッキリ見えてちょうどよかったです」

 

160cm51kg サイズ3で洗濯後ほどよいゆとりあり

「オーシバルは10年ほど愛用しています。サイズ2だと洗うと縮んで窮屈ですが、サイズ3は3回ほど洗っても程よいゆとりがあり、ちょうどよかったです」

 

161cm49kg サイズ2で洗濯後ちょうどいい感じ

「洗濯、乾燥までかけたせいか1回目で4cmほど縮みました。洗濯前は少し大きい感じでしたが、洗濯後にちょうどいい感じになりました。薄手のシャツなら下に重ねられそうです」

 

162cm52kg サイズ1で洗濯後ジャストサイズ

「洗濯でちょっと縮んでピッタリです。中にシャツは無理そう。脱ぐときにはあまり余裕がありません」

 

163cm55kg サイズ1で洗濯後ジャストサイズ

「ピッタリ着たかったのでサイズ1にしました。洗って縮んでピッタリのサイズ感で袖は少し短めです」

 

163cm58kg サイズ2で洗濯後、縮むと少し窮屈

「洗濯で縮むと袖ありインナー着用時に肩や二の腕まわりが少し窮屈になります。キャミとかだと問題ありません」

 

163.5cm50kg サイズ2で洗濯後ちょうどいい

「普段はM〜Lサイズを着用。洗濯後に縮んで着丈はお尻が1/2〜1/3ほど隠れるくらい。袖丈は手首は1.5cmほどみえるくらい。中に薄手のカットソーを着ても窮屈さはありません」

 

167cm55kg サイズ2で洗濯後ちょうど良い

「洗濯前はダボッとした感じで、大きすぎたかなと思いましたが洗濯後はピッタリすぎないちょうど良いサイズになりました」

 

168cm52kg サイズ2で洗濯後ちょうど良い

「上半身細身体型です。洗濯後、若干縮んでキツくもなく、緩くもなくちょうどいい感じです」

 

marimaru
marimaru

やはり洗濯後にはワンサイズ程度縮むので、ワンサイズ大きめの購入をおすすめします
洗濯する際はオシャレ着洗剤でネットに入れて洗濯した方が、縮む割合が少なくなります
乾燥機にかけるとかなり縮むので、乾燥機の使用は避けた方がいいでしょう

 

着心地やデザインに関する口コミ

ここからは、サイズ感以外の着心地やデザインに関する口コミをご紹介します

 

「最初はゴワゴワした感じでしたが、洗濯を繰り返すうちに肌触りはよくなりました。生地の透け感もないので安心です」

「生地が柔らかく着心地が最高です。やはり安い服と比べると着心地が全然違います」

「生地がしっかりしていて、洗濯をしてもヘタレないし着心地もいいです」

 

marimaru
marimaru

洗濯を繰り返すごとに生地がなじんでいき、着心地がいいと好評
しっかりした生地感なので、型崩れしにくいところが安価なボーダーTとかなり違うポイントです

 

「とにかく形がキレイです。なで肩なのでボートネックで首元がスッキリ見えます」

「腕まわりがスッキリしているところが好きです。パンツスタイルにもスカートにも合うのでサイズ違いや色違いでほしくなります」

「首まわりの開き具合がちょうどいいです」

「ハリのある生地ですが、サラリとした肌触りなのでインナーやアウターを工夫すれば春秋冬と長いシーズン着られます」

「形が上品なので子供っぽくなりません。オーシバルのボーダーは細くみえるので重宝します」

 

marimaru
marimaru

着回しができてスッキリみえるところが良いと高評価なコメントがたくさんありました
ベーシックで上品なデザインは飽きないので、リピーターや色違いで購入する人も多いです

 

 

 

オーシバル/コットンロードバスクシャツのメリットとデメリット

by WEAR

オシャレな人に人気のオーシバル/バスクシャツですが、改めてメリットとデメリットをみていきましょう

 

【デメリット】

  • 価格が高め
  • 洗濯で縮むのでサイズ選びが難しい
  • ボートネックが苦手な人には不向き

ボートネックの開き具合が広くないので、首にあたる感じが苦手な人もいるかもしれません

逆に首元の開き具合がちょうど良くて好き、という人もたくさんいるのでそこは好みの問題だと思います^^

 

【メリット】

  • 軽くて丈夫な生地で長持ちする
  • スッキリとしたシルエット
  • 身体のラインを拾いにくいので細見えする
  • 着回し力が高い
  • トレンドに左右されない
  • 春秋冬と長く使える
  • カラーバリエーションが豊富

 

marimaru
marimaru

価格は高めですが、圧倒的に長持ちすることと抜群の着心地を考えるとかなりコスパはいいと思います
長年に渡りリピーターが多いことやカラー違いで購入する人が多いのも納得のアイテムです

 

 

 

オーシバル/バスクシャツを安く買う方法

by WEAR

オーシバル/バスクシャツは全国のセレクトショップで取り扱いがあり、購入可能です

取り扱い店舗一覧はこちら

しかし人気商品のためセールになる可能性はかなり低いです

一番安く購入する方法は並行輸入品を普段使っているサイトで購入してポイント還元を狙う方法です

特に楽天市場のショップではセールになっているショップがあり、ポイントアップ期間も多いのでおすすめです

 

 

 

まとめ

by WEAR

オーシバル/バスクシャツはシンプルですが、スッキリとしたデザインや丈感、首元の開き具合など細かい部分が計算されているので

普段着でもきちんと感や上品さがプラスされます

1度着るとそのトリコになってしまう人も多い人気アイテム

カラーが違うだけでもかなり印象が変わるので、自分だけの1枚をぜひ見つけてみてくださいね^^

 

 

 

コメント

PAGE TOP